日本人男性でも努力次第で、もみあげ部分とヒゲを繋げることが可能です。

もみあげと髭を繋げる方法

サンタクロースに憧れた子供時代があったことでしょう。
大人になった現在では、ヒゲともみあげを繋げて髭フェチ女子にモテたいと憧れることもあるはずです。
ワイルドなヒゲで他の男性とは一味違う髭男子になるためにも、もみあげとヒゲを繋げる方法を紹介します。

 

そもそもアゴ髭ともみあげまでを意図的に繋げることは可能なのでしょうか?
髭が薄い体質なら繋げる夢は諦めないといけないのでしょうか?
一部の髭フェチ女子に需要のあるワイルドなスタイルについて細かく見てみましょう。

 

もみあげとヒゲは繋げられる

ワイルドなスタイルの髭の男性

 

ヒゲが相当薄い体質で無い限り、もみあげ部分とヒゲを繋げることは可能でしょう。
アゴ髭だけでなく頬骨辺りにも髭が生える男性なら、地道に伸ばし続けることでいつかは1つのヒゲに繋がります。

 

ただし、日本人男性のヒゲは欧米の男性に比べて薄い傾向にあります。
気軽にサクッと達成できる目標では無いので、その点だけは覚えておきましょう。
ヒゲは寒さや外傷から守るために生えるものなので、気候が極端に荒れない日本ではヒゲが発達して来なかったのです。
寒い極地に住む人を思い浮かべてみると、日本人とのヒゲの差をイメージ出来るはずです。
サンタクロースが良い例でしょう。

 

少し否定的な話をしましたが、日本人男性でも努力次第でもみあげとヒゲを繋げることができます。
積極的にヒゲを成長させる方法を試してみましょう。

 

男性ホルモンを増やす

肉中心の食生活と筋トレのイラスト

 

ヒゲは男性ホルモンの象徴なので、分泌量が増えればそれだけヒゲが濃くなっていきます。
そのため、まずは肉中心の食生活に切り替え、筋トレ性欲を高める生活を送ると良いでしょう。

 

どれも男性ホルモンの分泌を促すものなので積極的に取り入れてみてください。
ちなみに、バランスの良い食事や適度な運動を継続して続けることが大切になります。
数日で男性ホルモンの分泌量が劇的に変化する訳では無いということは忘れないでください。

 

外側である目に見えるヒゲをいじりたくなるものですが、内側の男性ホルモンから整えて行くのが近道です。

薬やマッサージを行う

育毛剤とフェイシャルマッサージのイラスト

 

実はヒゲ用の育毛剤があるので、それを使って増毛を促す方法もあります。
男性ホルモンの分泌を外側から刺激したり、毛根を活性化させたりする効果を与えてくれます。
ただし、100%効果がある訳ではないのでいろいろ試してみる必要があるでしょう。
また、海外製品や粗悪品を掴まされると副作用が出るケースもあるので気を付けてください。

 

一方のマッサージは、メンズエステなどで施術を行っています。
顔のフェイシャルマッサージを行い、血行を良くすることでヒゲの育毛を促します。
ヒゲの育毛をアピールしているメンズエステは少ないので、一般的なフェイシャルマッサージを受けるのが良いでしょう。
このように様々な方法でヒゲを育毛していけば、もみあげとヒゲを繋げられるのです。