ビジネスシーンでも通用するオシャレなアゴ髭は女子ウケが良いです。

女子ウケのよい髭のデザイン

何かと嫌われがちなヒゲも、適切に整えれば強い魅力へと変化します。
では、どのようなヒゲにすれば髭フェチ女子のハートを掴むことが出来るのでしょうか?

 

街頭でアンケートを行い、髭フェチ女子が好むヒゲを探って来ました。
一口にヒゲと言っても様々な形がありますし、当然ですが前提条件も必要です。
どのようなヒゲが愛されており、どのようなヒゲが嫌われているのか、ウソ偽り無い本音を見てみましょう。

 

そして、髭フェチ女子の好みを把握して、よりスマートな男性を目指してみてください。

 

髭フェチ女子にウケが良いデザイン

女子にウケが良い髭の男性

 

街頭で見つけた20代から40代の髭フェチ女子に緊急アンケートを行いました。
そこから見えて来たのは髭フェチ女子の意外なこだわりや特有の視点だったのです。

 

まず、髭フェチ女子にウケが良いのはアゴ髭です。
長さとしては1センチ未満程度のヒゲが人気のようです。
竹野内豊さんや西島秀俊さんを参考にしてみると髭フェチ女子を魅了出来るでしょう。
ポイントはビジネスシーンでも通用するおしゃれなアゴ髭なのです。
アゴ髭とセットで鼻下にヒゲを生やすのも良いです。

 

次に髭フェチ女子のこだわりですが、何と言っても清潔感です。
だらしなく無精髭を生やしている状態だと、アゴ髭も口髭もマイナスな印象になってしまいます。
しっかりと手入れを行い整えなければ髭フェチ女子のハートは掴めません。

 

ちなみに、髭が長過ぎるとおじいちゃん、という評価に繋がってしまうようです。
海外では長いヒゲを生やすことも一般的ですが、日本国内ではあまり人気が無さそうです。
ひたすら髭を伸ばすのではなく、程よい長さに保つことがポイントになります。

 

髭フェチ女子にNGなヒゲ

NGな髭の男性

 

逆にやらない方が良いヒゲのデザインもアンケートを取ってみました。
これからヒゲを整える男性は、NGなデザインにならないように注意しましょう。

 

圧倒的な不評を勝ち取ったのは無精髭で、特に頬っぺたの髭の剃り残しはNG評価でした。
ワイルドさやダンディーさよりも、不潔で汚いイメージが先行してしまうようです。

 

また、サンタクロースのようなモサモサのヒゲも印象が悪かったです。
海外の彫りが深い男性であれば似合いますが、比較的童顔な日本人には合わないという意見が強いです。

 

意見が分かれるものとしては、ヤンキーのような怖い印象のヒゲです。
ハート型にしているヒゲや剃りが入ったヒゲは賛否両論で、髭フェチ女子の好みによって評価が左右されそうです。
基本的にはビジネスシーンで受け入れられるヒゲを目指す方が無難でしょう。
髭フェチ女子が求めるヒゲは男らしさや頼りがいなので、物理的な強さを強調する必要はないのです。

 

髭のデザインに悩んだら、無難にアゴ髭を整えることから始めてみてください。
大抵の人は似合うようになるので、初心者にもおすすめです。