鏡の前で自分自身を見ながら、ヒゲを汚さないための食事訓練をするのも良い方法です。

髭を汚さずに食事する方法

ヒゲを生やしていると髭フェチ女子にモテるようになるというメリットがあります。
男らしさもアップしますし、ビジネスシーンで仕事が出来るようなイメージを持たれるでしょう。
発言力や説得力も上がるので、かっこ良いヒゲを生やすのはとても良いことです。

 

しかし、実は意外なところでデメリットが発生しています。
その最たる例になるのが食事でヒゲを汚してしまうことでしょう。
ここではヒゲを伸ばさないと分からない、盲点とも言える食事とヒゲの関係について紹介したいと思います。

 

食事でヒゲが汚れてしまう原因

ランチの画像

 

食べカスで汚れたヒゲは非常に印象が悪く、100年の恋も冷める失態となり得ます。
特に時間が経過した食べカスが残っているのは最悪で、不衛生な印象がかなり強くなるでしょう。

 

髭フェチ女子へヒゲに対してどのような行為をしたいかアンケートを取りました。
その結果、ヒゲに触れてみたり、頬ずりしてみたりしたいという意見が多数出て来ています。
つまり、ヒゲに触れたい欲求があるのです。
だからこそ、ヒゲが汚れているのは強いマイナス要素になってしまうのです。

 

さて、食事でヒゲが汚れてしまう原因ですが、単純にヒゲの存在を忘れているからです。
慣れていない人はヒゲの長さを意識出来ておらず、ヒゲがない時と同じ食事の動作をしてしまうのです。
ヒゲが生えている時間よりも、そうでない生活の方が長いのでこうした差が出ます。
ラーメンや焼きそばなど、長さがある食べ物はヒゲに麺が触れてしまいがちなので要注意です。

 

ヒゲを汚さずに食事する方法

髭を汚さずにスマートに食事をする男性

 

まずはヒゲの存在を意識することが大切です。
ヒゲが生えているのを自覚し、汚さないように意識を向けるだけで効果があります。
長さに慣れるまでは、ヒゲを汚さないように考えながら食事するのが良いでしょう。

 

しかし、常にそうしたことを考えていては疲れてしまいます。
もっと楽をしたい人におすすめなのが、マスクを付けることです。
マスクをヒゲの部分に被せるようにして、汚れが付くのを防いでみてください。
1人で食事する時はこのようにするとヒゲが汚れないので便利です。
ただし、デートや友人との食事中には使えないので、あくまでも1人で食事する時のお気楽な対応方法です。

 

それから、ヒゲを汚さないように上手な食事を練習するのも良い方法です。
鏡の前で自分自身を見ながら食事をすると良い訓練になるので覚えておいてください。
この方法の良いところはヒゲに食べカスが付いたらすぐに分かる点です。
どのような食べ方、どのような動作をするとダメなのかがはっきりと分かるでしょう。
ヒゲを汚さずスマートな食事が出来るようになれば、髭フェチ女子の好感度はアップするので努力してみてください。